インド株:1カ月ぶり安値から反発、行き過ぎ感で-銀行株高い

4日のインド株式相場は上昇し、セ ンセックス30種指数は1カ月ぶり安値から反発した。最近の相場下落が 行き過ぎとの見方が一部で広がったほか、モンスーン期の降雨再開で景 気てこ入れの取り組みが助けられるとの楽観も高まった。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズ は2.2%上昇。前日は8月3日以来の安値を付けていた。インドステイ ト銀行は1.3%、ICICI銀行は1.1%それぞれ上げた。英高級車メー カー「ジャガーランドローバー」を傘下に置くタタ・モーターズは3週 間ぶり安値から反発し、1.7%高となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比56.47ポイント (0.3%)高の17440.87で終了。前日の取引は先月3日以来の安値で引 けた。

気象当局によると、先月の降雨を受け、モンスーン期の雨量が過 去50年平均を下回る水準は2日時点で12%となり、6月末の29%から改 善された。

原題:Indian Stocks Rebound From 1-Month Low; Reliance, Lenders Lead (抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE