香港株(終了):下落-EU格付けや中国の成長めぐる懸念で

香港株式相場は下落。米格付け会社 ムーディーズ・インベスターズ・サービスが欧州連合(EU)の格付け 見通しを引き下げたほか、ソシエテ・ジェネラルが中国の成長見通しを 下方修正したことで、当局による追加刺激策の観測が高まった。

中国農業銀行 (1288 HK)や中国石油化工(SINOPEC、386 HK)、中国神華能源(1088 HK)など中国本土の銘柄が安い。ゴールド マン・サックス・グループはMSCI中国指数を構成する上場企業の利 益見通しを引き下げた。

売り上げの8割以上を海外で稼ぐ衣料・玩具を扱う商社リー・アン ド・フォン(利豊、494 HK)は2.9%下落。鉱物・エネルギー資源開発 を手掛ける蒙古能源(モンゴリア・エナジー、276 HK)は4.5%安。1 -6月(上期)の赤字見通しが嫌気された。

ハンセン指数は前日比129.30ポイント(0.7%)安の19429.91で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同1%安の9195.78。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「欧米 や中国から金融政策をめぐるさらなるヒントを投資家は待っており、そ れが様子見の理由だ」と指摘。各国・地域の中央銀行は恐らく刺激策を 講じるとみられるが、「それで投資家の期待を十分満たせるかどうかは また別の問題だ」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Slide as Global Woes Dent China Growth Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE