エルピーダ:「会社更生手続きは適正に進行」-社債保有者に反論

会社更生手続き中のエルピーダメモ リが、米マイクロン・テクノロジーによる買収に社債保有者の一部が反 対していることに関連し、米国の連邦破産裁判所に「更生手続きは適 正」と反論する文書を提出していたことが分かった。文書は8月30日付 で、管財人である坂本幸雄社長と小林信明弁護士名で提出された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。