ナパバレーのブドウ園、高級ワインブーム再来で売買が活発化

米カリフォルニア州で最高級ワイン 産地の新たな時代が2月1日に幕を開けた。この日、プランプジャッ ク・ワイナリーの共同出資企業がナパバレーのスタッグズ・リープ地区 で土地50エーカーを購入した。この地区にはシェーファーやクロ・デ ュ・バル、クリフ・レイディなど名だたるブドウ園が並ぶ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。