韓国の現代自:一般組合員と賃上げなどで合意、スト終了へ

韓国最大の自動車メーカー、ヒュン ダイモーターカンパニー(現代自動車)は労組の一般組合員との間でス トの終了で合意に達した。

労組が4日にウェブサイトに掲載した発表資料によれば、労組に加 入する従業員4万5000人のうち53%が、労組の代表と会社側が8月30日 にまとめた暫定合意に賛成した。

合意内容には賃上げや深夜シフトの廃止が盛り込まれ、同社で は2008年以降で初めてとなった法的に認められたストに終止符が打たれ ることとなる。現代自は今回のストによる生産損失を過去最高の1 兆7000億ウォン(約1200億円)と推計している。

NHインベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリスト、 イ・サンヒョン氏は「良いニュースであることに間違いはないが、生産 損失は予想を上回る規模で、第3四半期決算にマイナス影響を及ぼす公 算が大きい」と指摘。「現代自は第4四半期に損失を補い、年間販売目 標を達成できるだろう」とも述べた。

現代自の株価は午前9時44分現在、前日比1.7%安の23万7500ウォ ン。指標の韓国総合株価指数は0.2%安。

原題:Hyundai Motor, Union Workers Agree to End Costliest Strike (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE