鉄鉱石輸送のケープ型船舶、25%供給過剰-バークレイズ

鉄鉱石や石炭の運搬船としては最大 のケープ型船舶の供給が少なくとも25%過剰になっているとの見方を、 バークレイズが示した。

香港在勤のジョン・ウィンダム氏らアナリストは3日、電子メール で送付したリポートで、需要の伸びを350隻上回るケープ型船舶が2009 年7月以降に建造され、解体処理分を差し引くと船舶数は需要を最 大30%上回ると指摘した。

バークレイズは「海運レートが採算の取れる水準まで持続的に回復 する可能性は低い」としている。

バルチック取引所(ロンドン)によると、ケープ型船舶の1日当た りの用船コストは今年に入って88%下落し3308ドル。ケープ型は、ばら 積み船の運搬能力全体の約40%を占める。

原題:Ore-Ship Fleet Said at Least 25% Oversupplied in Barclays Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE