【個別銘柄】シャープ急反発、中部電やメガトプ安い、欧州関連堅調

きょうの日本株市場で、価格変動材 料の出た銘柄の終値は以下の通り。

シャープ(6753):前日比12%高の209円で東証1部の上昇率1 位。資本・業務提携している鴻海精密工業の郭台銘会長は3日付の台湾 紙、聯合晩報とのインタビューで「単純な投資ではなく、経営に参加し たい」との意向を示した、と共同通信が同日報じた。また、経営陣の若 返りの必要性を指摘したとも伝えられ、交渉進展を期待した買いが優勢 となった。

メガネトップ(7541):9.3%安の807円。8月の既存店売上高が前 年同期比7.9%減と2カ月連続で前年割れだった、と3日に発表した。 中でも「眼鏡市場」の同売上高が8.3%減と大きく減少。足元の売り上 げ悪化を懸念した売りが入った。

欧州関連:パナソニック(6752)が3.3%高の535円、TDK (6762)が3.2%高の3010円、NTN(6472)が3.7%高の169円など。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は3日、ECBが年限3年程度ま での国債を購入することに問題はないとの見解を示した。6日のECB 理事会で国債購入再開の具体案を発表するとの期待感から、きょう午前 の東京外国為替市場でユーロ・円が1ユーロ=98円台中盤から99円付近 まで円安に振れており、買い安心感が広がった。

住友金属鉱山(5713):1.6%高の820円。ロンドン金属取引所 (LME)の銅、アルミ、ニッケル、鉛、亜鉛、スズで構成する LMEX指数は前週末比1.2%高の3262.8と続伸しており、非鉄価格底 入れによる収益回復期待が高まった。

中部電力(9502):3.5%安の888円。同社は業績予想と配当予想の 修正に関してきょう午後3時から記者説明を行うと午後の取引時間中に 発表した。電力会社ではすでに四国電力が中間配当を無配とする発表し ており、中部電に対しても配当見送りなどが連想された。

スルガ銀行(8358):1.2%安の883円。SMBC日興証券は3日、 投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げた。好調な貸 出増加率と預貸利ざや改善で13年3月期連結純利益は198億円と会社計 画172億円を上回ると予想。ただ、株価は過去3カ月で22%上昇し、 TOPIX銀行指数をアウトパフォームするなど、株価は業績改善を織 り込んだとの見方を示した。

商船三井(9104):1.6%高の195円。冬場の荷動き減少に対応する ため、同社などが参加している「G6アライアンス」が、アジア-北欧 州航路を10月中旬から一時停止する、と3日に発表した。貨物船需給の 引き締まりによる収益性改善を期待する買いが入った。

ハニーズ(2792):7.2%高の1184円。8月中旬まで夏物が好調に 推移したことなどから、同月の既存店売上高が前年同月比1.6%増だっ た、とウェブサイトできょう発表した。前年同月比プラスは6カ月連続 で、堅調な売り上げの拡大を受けて買いが膨らんだ。

SCSK(9719):2.4%高の1266円。ドイツ証券は3日、投資判 断「買い」、目標株価1500円で同社の新規カバレッジを開始した。住商 情報との合併では比較的順調に組織の融合が進んでいる印象で、売上高 の拡大や利益率の改善につながっていると評価。マクロ経済の影響をあ まり受けずに業績が拡大し、株価評価は高まるとの見方を示した。

メガチップス(6875):5.8%高の1548円。発行済み株式総数 の1.5%に当たる35万株を、総額では5億円を上限に自社株買いを実施 する、と3日に発表した。取得期間は7日から20日まで。当面の需給好 転を期待した買いが入っている。

丸紅(8002):1%高の503円。ステンレス生産世界最大手の中国 の山西太鋼ステンレスから省エネ型の建材製造プラントを約30億円で受 注した、と4日付の日本経済新聞朝刊が報じた。受注実績を積んで数年 以内に100億円の受注を目指すとしている。

イズミ(8273):2.7%高の1594円。大和証券は3日、同社の目標 株価を2050円から2150円に引き上げ、投資判断「買い」を継続した。第 2四半期業績は単体が順調に推移し、子会社の利益寄与も増加してお り、同業大手・準大手への優位性が一段と高まるとの見方を示した。

内田洋行(8057):5.4%高の216円。大都市圏を中心としたオフィ スフロア供給増に伴う移転需要が見込まれることから、オフィス関連中 心に売り上げが拡大するとして、 13年7月期の連結純利益が5億5000 万円と、5期ぶりに黒字となるとの見通しを3日に発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE