カイツリー効果で東武の調達コスト低下、上乗せ金利3分の1

東武鉄道の資金調達コストが急低下 している。同社が運営する東京スカイツリーの増収効果で信用力が向上 しているためだ。8月に借り換えたシンジケートローン(協調融資) は、基準金利に対する上乗せ幅(スプレッド)が、5年前に比べ、3分 の1以下に低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。