大証:日経平均VI先物をてこ入れへ-新手数料体系の導入検討

大阪証券取引所は、日経平均ボラテ ィリティ指数(VI)先物の売買増加を狙い、流動性を供給した市場参 加者にインセンティブを支払う制度導入を検討している。大証のデリバ ティブ本部審議役のマティアス・リーティッグ氏が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。