米投資家はなおデフレ警戒-期待インフレ率は01年来の低水準

米アップルのスマートフォン(多機 能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」からフォルジャーズコー ヒーに至るあらゆる商品の値下げは、米連邦準備制度理事会(FRB) が追加緩和策を検討しているにもかかわらず、米国債投資家が今後10年 にわたって低インフレが続くと予想する理由を示している。

FRBが政策決定の判断材料とする5年後から5年間(2017-22 年)のインフレ期待を反映するブレーク・イーブン・インフレ率(フォ ワードBEI)は、今年は平均2.54%と01年以来の低水準となってい る。ブルームバーグ調査のエコノミスト予想によると、年内の10年物米 国債利回りは1.76%の見通しで、11年の2.76%、10年の3.19%を下回る とみられている。

米国債利回りは8%を超える失業率が09年初めから続き、賃金が抑 制される中でガソリンやトウモロコシ価格が高騰しても、米経済全体に は波及しないと投資家が予想していることを示している。これが08年以 降に米国債など2兆3000億ドル(約180兆円)相当の債券を購入した FRBに追加措置を発動する余地を与えている。バーナンキ議長は先 週、失業は「深刻な懸念材料」だと指摘し、債券の追加購入の可能性を 排除しなかった。

LPLファイナンシャル(サンディエゴ)の市場ストラテジスト、 アンソニー・バレリ氏は8月28日の電話インタビューで、「米国債市場 はインフレを問題視していない」と述べた上で、「市場はなお、今後1 年あるいは2年においては米経済にとってデフレリスクの方が大きいと 認識している」と語った。

原題:IPhone Price Cuts Send Bond Inflation Bets to Lowest Since 2001(抜粋)

--取材協力:Kevin Orland、David Welch、Matt Townsend、Cordell Eddings、Trish Regan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE