米国とユーロ圏は為替操作禁じるルール適用主導を-バーグステン氏

米ピーターソン国際経済研究所 (PIIE、ワシントン)のフレッド・バーグステン所長らは英紙フィ ナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿し、米国とユーロ圏諸国が貿易黒 字の維持を目的とした為替操作を禁じるIMFやWTOのルール適用を 主導すべきだと訴えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。