ドラギ総裁が資産購入を直ちに開始する可能性は低い-ニューエッジ

  欧州中央銀行(ECB)のドラ ギ総裁が資産購入を直ちに開始する可能性は低く、今週のECB政策委 の結果は「時間稼ぎ」と受け止められる可能性がある。

・ニューエッジのストラテジストがリポートで指摘 ・ECBは明らかな利回り上限は発表しない見通し ・ECB政策金利を25bp下げ、預入金利ゼロ据え置きへ ・ECBは国債購入の規模と対象ゾーンの詳細を公表する可能性 ・ECBは「優先弁済権」と「不胎化」の問題を説明する必要も ・ECBはLTRO追加の含みを残し、担保政策を協議する可能性

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE