レーン欧州委員:共同債への性急な動きに反対-条約改定必要

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ユーロ共同債発行など 完全な財政統合は「長い時間」をかけて初めて達成できるものであり、 さらにEU条約の改定が必要との見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。