ECB総裁:年限3年までの国債購入に問題ない-欧州議員

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は3日、ECBが年限3年程度までの国債を購入することに問題はな いとの見解を示した。ブリュッセルで欧州議員らに非公開で語ったもの で、ジャンポール・ゴーゼ欧州議員が明らかにした。

ゴーゼ議員が記者団に述べたところによると、ドラギ総裁は短期の 国債を購入することは中銀による国家財政ファイナンスには当たらない との考えを示した。「総裁はそれが条約に反するとは考えず、現行の法 的枠組みの下で可能だと考えている」とゴーゼ議員は語った。総裁は 「例えば3年は構わないが15年はダメだ」と述べたという。

ドラギ総裁の発言が伝えられるとユーロは上昇した。発言は総裁が 6日の政策委員会後の会見で新たな債券購入プログラムの詳細を発表す る準備があることを示唆した。ユーロは一時0.25セント以上値上がりし 1ユーロ=1.2611ドルとなった。

ドラギ総裁は8月2日に、イタリアやスペイン債の利回りを押し下 げるため欧州の救済基金とともに購入する計画を取りまとめ中だと明ら かにした。ドイツ連邦銀行(中銀)はECBによる国債購入に反対。ま た恒久的基金の欧州安定化メカニズム(ESM)についてドイツの憲法 裁判所が12日に判断を下す。

ドラギ総裁との非公開の会合に参加したスベン・ギーゴルド欧州議 員(ドイツ・緑の党)は、ECBが債務危機の鎮静化に向けて債券市場 への介入を再開するという印象を受けたと語った。同議員は記者団に 「この会合の後、私はECBが流通市場での介入を続けると考えてい る」と述べたが、会合が非公開であることを理由にドラギ総裁の発言に ついて具体的には述べなかった。

同議員はまた、ESMに銀行免許を与える案は金融による財政ファ イナンスにつながるとして、ドラギ総裁が反対を表明したと述べた。

ドラギ総裁はECBが購入する可能性のある国債の年限を明言はせ ず、伝統的な金融政策の範囲に収まる短めの債券が焦点になると述べて いた。

原題:Draghi Told Lawmakers ECB Can Buy Three-Year Bonds, MEP Says (1)(抜粋)

--取材協力:Jana Randow.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE