香港株(終了):上昇、追加刺激策の観測で-不動産株が高い

香港株式相場は上昇。米連邦準備制 度理事会(FRB)のバーナンキ議長が追加刺激策の可能性を除外しな いと表明したほか、経済指標で中国の景気減速があらためて示されたこ とが、当局が一段の成長支援策を講じるとの観測につながった。

売上高の72%を米国で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニック ・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は2.6%高。衣料小売りのエス プリ・ホールディングス(330 HK)も高い。

中国国有の住宅建設会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置 地、1109 HK)は4.8%上昇。中国建設省傘下の不動産開発会社、中国海 外発展(688 HK)など、他の中国本土の不動産株も高い。不動産ウェブ サイトを運営する捜房によれば、中国の8月の住宅価格は上昇した。

ディーゼルエンジン製造の濰柴動力(2338 HK)は1.2%高。ドイツ のフォークリフトメーカー、キオン・グループへの7億3800万ユーロ (約727億円)規模の出資で合意したことが手掛かり。

ハンセン指数は前週末比76.64ポイント(0.4%)高の19559.21で終 了、4営業日ぶりに反発した。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同0.1%高の9287.51。

プライド・インベストメンツ・グループのルイス・ワン最高投資責 任者(CIO、香港在勤)は「バーナンキ議長の発言で市場のセンチメ ントが改善された」と指摘。「中国経済が減速する中、刺激策が講じら れる可能性は高い」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Advance Amid U.S., China Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE