格付け大手3社に対抗の欧州新組織、14年業務開始へ-CEO

スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)やムーディーズ・インベスターズ・サービス、フィッチ・レ ーティングスに対抗する世界的な格付け会社を目指す組織は、当初資金 を年内に確保できれば、リポートの第1弾を2014年に公表する見通し だ。同組織の最高経営責任者(CEO)を務めるマルクス・クラール氏 が明らかにした。

コンサルティング会社ローランド・ベルガー・ストラテジー・コン サルタンツの元シニアパートナーであるクラール氏は先月29日、フラン クフルトでインタビューに応じ、「2012年に資金調達を終えることを望 んでいる」と述べ、「全てが順調に行けば、2014年の早い時期に市場参 入する。ソブリン債格付けから始め、その3カ月後には社債も対象にす る」と付け加えた。

当初予定された今年4-6月(第2四半期)の設立は、資本が十分 に調達できずに遅れている。世界各国の投資家と協議中で、「1億ユー ロ(約99億円)の投資を確保」できれば業務を開始すると、クロール氏 は説明した。「設立コストは総額3億ユーロに達する」とも述べた。

また、いかなる国家からも出資を受けない方針も示した。「大き な」利益相反を回避するとともに干渉されるリスクを軽減するためとい う。金融機関やプライベートエクイティ(未公開株、PE)投資会社を 含む世界中の民間投資家と協議を続けていると語った。

原題:European Ratings Firm May Start Publishing in 2014, CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE