ロンドン外為:円が高利回り通貨に対し堅調-景気減速の兆候

3日のロンドン外国為替市場では、 円が高利回り通貨に対して上昇。世界的な景気減速の兆候が強まったこ とから、安全を求める動きが強まった。

この日発表の指標でユーロ圏の8月の製造業活動の縮小が確認され たほか、中国の同様の指数も活動縮小を示した。

ロンドン時間午後5時15分現在、円は対オーストラリア・ドルで前 週末比0.9%高の1豪ドル=80円20銭。一時は80円07銭まで買い進ま れ、7月25日以来の高値を付けた。対ニュージーランド・ドルで は0.8%高の1NZドル=62円48銭。7月26日以来の円高・NZドル安 水準となる62円38銭に達する場面もあった。

円は対ユーロと対ドルはほぼ変わらずの1ユーロ=98円68銭、1ド ル=78円28銭。ユーロはドルに対し0.1%上げ1ユーロ=1.2597ドル。 3日の米金融市場はレーバーデーの祝日で休場。

原題:Yen Advances Versus Higher-Yielding Currencies; Aussie Weakens(抜粋)

--取材協力:小宮弘子、Monami Yui、Mariko Ishikawa、Neal Armstrong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE