バイエルン州財務相:独連銀のECB批判は正しい-ウェルト

ドイツ・バイエルン州のマルクス・ ゼーダー財務相は、独連邦銀行(中央銀行)のバイトマン総裁が欧州中 央銀行(ECB)を批判するのは正しいとの考えを示した。同財務相は 独紙ウェルトに、ECBの行動はインフレにつながるだろうと語ったと いう。バイトマン総裁は先に、ECBによる国債購入が各国政府に「中 毒症状」をもたらすリスクがあると警告していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。