インドの租税回避取り締まり案、3年延期を勧告-自然消滅も

インドのシン首相が設置した小委員 会は、政府が示していた租税回避行為の取り締まり案について3年間の 実施延期を勧告した。インドの格付けがジャンク級(投機的水準)に引 き下げられる可能性がある中で、今回の勧告は同国への資本流入増加に つながる公算が大きいと投資家はみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。