バークレイズの元CEOら4人を英FSAが調査-テレグラフ

英銀バークレイズがカタールの政府 系ファンド(SWF)に2008年に支払った手数料をめぐって、ジョン・ バーリー元最高経営責任者(CEO)と中東投資銀行部門の元責任者、 ロジャー・ジェンキンス氏ら4人の現職および元幹部が英金融サービス 機構(FSA)の調査を受けている。英日曜紙サンデー・テレグラフが 情報源を明らかにせずに報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。