香港の曽財政官:リセッションリスク上昇の恐れ-輸出減少で

香港の曽俊華財政官は、輸出減少と 小売売上高の伸び鈍化を受けて、 香港が2四半期連続のマイナス成長 という「テクニカルな意味でのリセッション(景気後退)」に陥るリス クが上昇している可能性を指摘した。

同財政官は2日、中国語のブログで、「欧州債務危機の影響を免れ ることはできない」と分析。7-9月(第3四半期)の域内総生産 (GDP)の見通しは明らかにしなかった。

香港の4-6月(第2四半期)GDPは前期比0.1%減となった。 欧州債務危機で輸出需要が抑えられたことが響いた。また、中国の景気 減速が貿易や信頼感の下押し要因となり、毎月中国本土から香港を訪れ る旅行者の高級品購入を抑制することにもつながっている。

株式指標のハンセン指数は2月に付けた年初来高値から約10%下 落。7月の小売売上高は世界的な金融危機以来の低い伸びとなり、輸出 は前年同月比3.5%減少した。

原題:Hong Kong Recession Risk May Increase on Exports, Tsang Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE