NY原油時間外:2週間ぶり高値から下落-中国PMI低下で

ニューヨーク原油先物相場は3日の 時間外取引で約2週間ぶりの高値から下落。中国の製造業購買担当者指 数(PMI)が予想外に縮小したことを嫌気した。ハリケーン「アイザ ック」の影響で停止していたメキシコ湾の原油生産が再開されたことも 材料になった。

原油先物は一時、0.5%下落。8月は昨年10月以来の高い上昇率を 示した。1日に発表された8月の中国製造業PMIは受注が減少したこ とから9カ月ぶりに縮小した。米安全環境執行局によると、アイザック が通過した後のメキシコ湾の原油生産は日量で約72%が停止している。 先週は一時、停止率が95%に達していた。

原油先物10月限は一時、46セント安の1バレル当たり96.01ドルを 付けた。シドニー時間午前11時18分(日本時間同10時18分)現 在、96.17ドルで推移している。前週末の通常取引は2%高の96.47ドル で引けた。8月は2カ月連続の上昇となり、上昇率は9.6%に達した。 年初来では2.7%の下落。

原題:Oil Declines From Two-Week High as China Manufacturing Contracts(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE