中国不動産投資は10-12月に回復も-政府研究センターの張氏

  中国の投資の伸びは底打ちしつ つあり、不動産投資の伸びは10-12月(第4四半期)に回復する可能性 があると国務院発展研究センターの張立群研究員が2日、北京での会議 で指摘した。

・2回の利下げを含む政策措置を受けて、初回住宅購入者や買い替え希

望者の需要が出てきている ・中国経済は歴史的な移行期にあり、潜在成長率は低下している ・個人的な推計では、現在の潜在成長率は約7-8%

原題:China Property Investment May Rebound in 4Q, Zhang Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE