北アフリカ諸国、高額報酬で石油・ガス会社幹部を求人

「アラブの春」による混乱からのエ ネルギー産業再建を目指す北アフリカ諸国は50%増の高額報酬で外国人 幹部の人材を求めている。

ロンドンの人材紹介会社インテリム・パートナーズによると、エジ プトやリビアからの求人が石油・ガス会社幹部の報酬を押し上げてい る。

インテリム・パートナーズのコンサルタント、ジョナサン・ムーニ ー氏は3日に発表したリポートで、「アラブの春を経験した諸国は多く の外資系大企業と契約を結ぶより、自国のエネルギー資源を自己管理す る方針だ。つなぎの人材を活用し生産を混乱前の状態に急速に戻す」一 方で、現地の人材を養成するという。

同社によると、技術系幹部の平均日当は1年前の1000ポンドか ら1500ポンド(約18万6000円)に高騰した。

オイルキャリアーズエアー・エネルギが先週発表したリポートに よると、アフリカ、米州、オーストラリアで操業する企業は、熟練した 労働者の不足から現地職員の採用が非常に難しくなっている。リポート は50カ国以上の石油・ガス業界からの17万件以上の回答に基づいてい る。

原題:Oil Executives Paid More to Help Post-Arab Spring Governments(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE