今週の米経済指標:8月の雇用者数、需要鈍化で伸び限定的か

米国の雇用拡大ペースは8月に鈍化 し、失業率は43カ月連続で8%を上回ったもようだ。バーナンキ米連邦 準備制度理事会(FRB)議長が、政策当局にとって雇用不足は「深刻 な懸念材料」と発言した理由を裏付ける結果が示されるとエコノミスト はみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。