統一教会の創始者、文鮮明氏が死去-企業帝国築き合同結婚式

世界基督教統一神霊協会(統一教 会)の創始者、文鮮明氏が3日死去した。92歳。自らを救世主と称し、 自動車や銃、新聞、すしまでも売る秘密主義の世界的な企業帝国を築き 上げた。

統一教会が電子メールを通じて発表した資料によると、文氏は同日 未明、ソウル北東の京畿道加平にある同教会所有の病院で死亡。風邪と 肺炎の合併症で、8月14日にソウル市内の病院の集中治療室に入ってい た。

数千人の信者にとって文氏は慈悲に満ちた「真の父」だ。一方、批 判的に見る側からすれば、誇大妄想癖を持ったカルトの指導者。信者を 洗脳し家族から引き離して搾取し、その労働力を個人の財産形成に利用 した人物と指摘している。

統一教会について研究したポモナ・カレッジ(米カリフォルニア 州)元教授(宗教学)のフレデリック・ソンタグ氏は2007年のインタビ ューで、「文氏に取って代わる人物が現れるとは思えない。彼はあまり に強力な人物だ」と話していた。

文氏は1971年に韓国から米国に渡り、その後に起きたウォーターゲ ート事件でニクソン米大統領(当時)を擁護したことで注目を集めた。 頑強な反共主義者で北朝鮮で投獄された経験もある。82年にはニューヨ ークのマディソン・スクエア・ガーデンで2075組のカップルの合同結婚 式を主催した。

原題:Sun Myung Moon, Church Head Who Ran Business Empire, Dies (1)(抜粋)

--取材協力:Sang Yoo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE