ホンダ社長:軽のスポーツカー開発に関心-ブランド力向上に

ホンダの伊東孝紳社長は2日、三重 県鈴鹿市内で記者団に対し、軽自動車のカテゴリーのスポーツカー開発 に関心を持っていることを明らかにした。フォーミュラーワン(F1) レースからの撤退が今もホンダのブランドイメージに影響していると し、ホンダらしさを取り戻す必要があるとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。