アスムセン理事:ECBはドイツ連銀の懸念考慮の必要-独紙

欧州中央銀行(ECB)のアスムセ ン理事は31日、独紙メルキッシェ・アルゲマイネとのインタビューで、 「ドイツ連銀が懸念を持っているなら、私はそれを真剣に受け止める必 要がある」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。