, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

韓国大統領は謝罪・撤回を、天皇陛下への発言「常識逸脱」-首相

野田佳彦首相は23日午後の衆院予算 委員会で、韓国の李明博大統領に対し、天皇陛下に関する発言を撤回 し、謝罪するよう求めた。下村博文氏(自民)への答弁。

李大統領は14日、天皇陛下が韓国訪問を望むなら日本の植民地支配 と戦って亡くなった人々に心から謝罪する必要があると語った。

野田首相は、陛下の訪韓をめぐるこの大統領発言について「事実関 係としておかしい。韓国からの招請はあったが、我が国から要請したこ とはない」と指摘。その上で、「中身は相当に常識から逸脱をしてい る」として、大統領は「謝罪と撤回をやるべきだと思っている」と表明 した。

予算委では公明党の東順治氏が、韓国政府が竹島問題に関する野田 首相の李大統領への親書を返送する方針を表明したことをただした。

野田首相は韓国側の対応について「首脳間の親書を返すというのは どうしちゃったんだろう、あまりにも冷静さを欠いた行動ではないか」 と疑問を投げ掛けた。玄葉光一郎外相は「外交慣例上あり得ない話で、 受け取らないことも含めて検討しないといけない」と強調した。

玄葉氏は武力による竹島奪還については「そういう手段を取るべき ではない。合理的に冷静に国際司法裁判所、紛争を平和的に解決する手 法で提案している」と否定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE