米ジェンワースの4-6月は黒字-住宅ローン保証の赤字縮小

米保険会社ジェンワース・ファイナ ンシャルの4-6月(第2四半期)決算は、4四半期連続の黒字となっ た。米住宅ローンを保証する部門の赤字が縮小した。

同社が長期療養保険の料金の引き上げを求める意向を表明したこと で、同社株は時間外取引で上昇した。31日の発表資料によると、純利益 は7600万ドル(約60億円、1株当たり16セント)。前年同期の純損益は 1億3600万ドル(同28セント)の赤字だった。

ジェンワースは、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが先月 同社の格付けを引き下げる方向で見直していると発表したことを受け、 格付けの維持を図っている。現在の格付けは投資適格級で最も低い水 準。住宅ローン関連の損失のため、資本が減少し、2006年末以来時価総 額が約130億ドル失われたことを受け、マーティン・クライン暫定最高 経営責任者(CEO)は事業構成の見直しを進めている。

ジェンワース株はニューヨーク市場で31日午後5時35分(日本時間 8月1日午前6時35分)現在、7.1%高の5.40ドル。年初からは23%安 と、S&P500種金融株指数を構成する81銘柄の中で最大の下落率とな っている。決算は通常取引後に発表された。

原題:Genworth Posts $76 Million Profit as Mortgage Losses Narrow (2)(抜粋)

--取材協力:Brooke Sutherland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE