欧州株:反落、BPやUBS決算に失望-月間は2カ月連続高

31日の欧州株式相場は反落。英石油 会社BPやスイスの銀行UBSの決算が予想を下回り、失望売りが出 た。米連邦公開市場委員会(FOMC)の2日間にわたる会合を控えて 様子見気分も強かった。ストックス欧州600指数は月間ベースでは2カ 月連続高となった。

BPは4.4%下げ、約10カ月ぶりの大幅安。UBSは5.9%下落し た。ベルギーのビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ(AB)イン ベブは3.2%の値下がり。販売の落ち込みが響いた。一方で、通期業績 見通しを上方修正したドイツの医薬品最大手、バイエルは買いを集め た。

ストックス欧州600指数は前日比1%安の261.38で終了。今月全体 では4.1%上げた。ユーロを存続させ経済成長を支えるとの欧州当局者 の決意表明が好感された。6月4日に付けた年初来安値を12%上回って いる。

ノッツ・ストゥッキ(ジュネーブ)のファンドマネジャー、ピエー ル・ムートン氏は「決算が非常に芳しいと期待する向きはなかった」と 指摘。「このところの目を見張るような上昇の後、利益をいったん確保 するには好機だった」と説明した。

ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査の予想中央値によれ ば、8月1日に終了する今回のFOMCは大規模な資産購入策第3弾の 発表を見送り、6000億ドル規模の住宅ローン関連証券や国債を購入する 計画の発表を9月まで待つ可能性が高い。

この日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Drop as Earnings Trail Forecasts; BP, UBS Fall(抜粋)