アインホーン氏:GM、マーベル・テクの株価反発を予想

ヘッジファンドを運用するデービッ ド・アインホーン氏は、ゼネラル・モーターズ(GM)やマーベル・テ クノロジー・グループの株価は3月31日以降の下落から反転するとの見 通しを示した。

アインホーン氏は31日、会長を務める再保険会社グリーンライト・ キャピタル再保険の投資内容に関する電話会議で、「4-6月(第2四 半期)にリターンが低調だった買い持ち(ロングポジション)銘柄の中 で、GMやマーベル・テクノロジーなどは今後、株価を押し上げる価値 を内包している」と説明。両銘柄とも株価収益率が低く、「現金保有比 率が高い」と指摘した。

グリーンライトの前日の届け出によると、株価上昇を見込んだ買い 持ちは12億3000万ドル(約960億円)と、昨年12月31日の10億5000万ド ルから拡大した。

アインホーン氏は「力強い増益や長期的投資の機会を見いだしてお り、ネットエクスポージャーはやや膨らんだが、マクロ環境の逆風をに らみ引き続き慎重さを保つ」とし、「欧州危機には単純な解決策は期待 できず、また中国や米国をはじめとする経済大国の減速も見受けられ る」と述べた。

GMの株価は第2四半期に23%下落。マーベルは同28%値を下げ た。

原題:Greenlight’s Einhorn Says GM, Marvell Poised for Rebound (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE