伊フィアット:欧州での損失拡大、債務危機で需要減-株下落

イタリアの自動車メーカー、フィア ットの4-6月(第2四半期)決算は、欧州市場での損失が第1四半期 から拡大した。欧州債務危機の影響で自動車需要が低迷している。同社 は米クライスラー・グループの経営権を握っている。

同社の31日発表によると、欧州部門の一部項目を除いた利払い・税 引き前損益は1億8400万ユーロ(約177億円)の赤字。第1四半期は1 億7000万ユーロの赤字だった。

同社のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は先月の インタビューで、欧州の販売が5年連続で減少していることを受け、欧 州市場での支出を5億ユーロ削減すると述べていた。さらに、予定され ていたハッチバック型小型車「グランデプント」の2013年の生産を見直 し、提携事業に組み入れる可能性を明らかにした。

31日のミラノ市場では、現地時間午後3時39分現在、フィアットの 株価は前日比5.4%安の3.96ユーロとなっている。

原題:Fiat Loss Widens in Europe as Region’s Debt Crisis Hits Demand(抜粋)

--取材協力:Craig Trudell、Francesca Cinelli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE