中部電、大阪ガス:米国産LNGを輸入へ-輸入コスト3割減目指し

中部電力と大阪ガスは31日、米テキ サス州で液化天然ガス(LNG)基地を保有するフリーポート社との間 で天然ガスの液化加工契約を締結したと発表した。中部電と大阪ガスは 自社で調達したそれぞれ年間220万トンの天然ガスの液化をフリーポー ト社に委託する。これまで東南アジアや中東に依存していた供給源を米 国に広げ、多様化を狙う。

両社は、2017年から20年間に渡るLNG加工契約を通じ、フリーポ ートで生産されたLNGを基本的に自社向けに供給することを計画。都 内で会見した大阪ガス資源トレーディング部の武内敬部長は、自社の需 給バランスに余裕があるときには、他社への「卸売りやトレーディング をやることも視野に入れていく」と話した。通常は売主との売買契約で 輸出先が特定の国に限定されているのに対し、今回の契約では制限はな いことが特徴だ。

通常のLNG売買契約では、産ガス国やメジャーなど売主がガスの 生産から液化、輸送までを一つのパッケージとして提供し、買い手に LNGを販売している。これに対し、今回2社が契約したのは、天然ガ スをLNGに加工する液化のプロセス。天然ガスの調達やパイプライン を通じたプラントまでのガス輸送については、それぞれ自社が確保する 仕組みだ。

会見に同席した中部電力燃料部の佐藤裕紀LNGグループ長による と、米国にはガス生産会社が約6000社、パイプラインが200社以上あ り、巨大な天然ガスの供給ネットワークが構築されているという。佐藤 氏は、他国でのLNGプロジェクトのように特定のガス田に依存しない 点を特徴として挙げた。さらに、米国内での天然ガス田権益の取得につ いて、「大阪ガスと一緒に検討していきたい」との考えを示した。

米国で天然ガスを調達することから、同国のガス価格の指標として 用いられる「ヘンリー・ハブ」をベースにした価格体系になる見通しだ という。これまで日本が購入するLNGは日本の原油輸入価格をもとに した値決め方式が採用されており、米国の天然ガス価格との間には100 万BTU(英国熱量単位)当たり10ドル以上の開きがある。佐藤氏は、 この調達方法を通じて日本にLNGを持ち込んだ場合、「既存のものと 比較して2-3割は安くできる」と話した。