香港株(終了):ハンセン指数、4日続伸-中国の政策期待で

香港株式相場は上昇。中国当局が経 済成長促進に向けてインフラ投資を拡大する姿勢を示す中、ハンセン指 数が4営業日続伸となった。

鉄道車両メーカーの中国南車(1766 HK)は4.2%高。中国当局が鉄 道投資計画で今月2度目の増額を発表したことが好感された。アルミニ ウム生産で中国最大手、チャルコ(中国アルミ、2600 HK)は1.9%上 昇。世界最大の商品取引会社、グレンコア・インターナショナル(805 HK)も高い。

売上高の46%を中国本土で稼ぐ香港の不動産開発会社、ハンルン・ プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)は3.8%高。1-6月(上期)の 利益は市場予想を上回った。同業のヘンダーソン・ランド・デベロップ メント(恒基兆業地産、12 HK)も買われた。

ハンセン指数は前日比211.41ポイント(1.1%)高の19796.81で終 了。7月は1.8%値上がり。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日 比1.6%高の9674.27で引けた。

ベアリング・アセット・マネジメント(アジア)で域内のマルチア セット戦略責任者を務めるキエム・ドゥ氏(香港在勤)は「投資家がい つ強気になるかが問題だ」とした上で、「株式を買うために市場へ戻る 確固たる理由を投資家は探している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE