JPモルガンの投資判断、「ホールド」に引き下げ-ドイツ銀

JPモルガン・チェースの株式投資 判断をドイツ銀行のアナリストが「ホールド(保有)」に引き下げた。 少なくとも58億ドル(約4500億円)のトレーディング損失を被ったJP モルガンに対し、当局が年内の自社株買いプログラム再開を認めない可 能性があることを理由に挙げている。

ドイツ銀のマット・オコナー、デービッド・ホー両氏は29日の調査 リポートで、JPモルガンの利益見通しが高過ぎる可能性があり、米連 邦準備制度理事会(FRB)が2013年1-3月(第1四半期)末まで大 規模な自社株買いを認める公算は小さいと指摘した。JPモルガンによ る幹部入れ替え発表後、両氏はダグ・ブラウンシュタイン最高財務責任 者(CFO)と27日に面談した。

両氏はJPモルガンの投資判断を「買い」から引き下げるととも に、同行の株価目標を40ドルと従来の43ドルから引き下げた。

原題:JPMorgan Shares Cut to Hold by Deutsche Bank After CFO Meeting(抜粋)