今日の国内市況(7月31日):株式、債券、為替市場

きょうの国内市場の株式、債券、為替相場 は以下の通り。

●日本株4連騰、欧米政策期待で輸出、素材に買い-決算受け見直しも

東京株式相場は4日続伸。欧米政策当局の金融不安封じ込め策の発 動期待が強い中、対ユーロでの円高一服もあり、電機など輸出関連株が 上昇。特に自社株買いを行うキヤノンの上げが目立った。ガラス・土石 製品など素材関連株も高く、北陸電力が急騰するなど決算を受け大きく 見直される銘柄もあった。

TOPIX の終値は前日比4.57ポイント(0.6%)高の736.31、日 経平均株価は同59円62銭(0.7%)高の8695円6銭。両指数とも小安く 始まったが、午前後半から出直り、午後は堅調さを増した。

三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、きょ うの日本株を「欧米の金融緩和期待を見込んで、リスクを取っておこう という動き」と説明。米国株と比べた日本株の出遅れ感も意識されてい る、とした。ただ、市場全体の売買水準が低調で、「この動きが続くか はかなり疑問」とも言う。

●債券は続落、米欧金融政策見極めで売り優勢-2年債入札結果は順調

債券相場は続落。朝方は前日の米国債相場の上昇を受けて買いが先 行したが、その後は今週の欧米中央銀行の金融政策決定会合を見極めよ うと買いに慎重となり、売り優勢に転じた。一方、きょう実施の2年債 入札結果は順調な結果となり、中期ゾーンは底堅く推移した。

バークレイズ証券の丹治倫敦債券ストラテジストは「海外のリスク オン(選好)モードを受けてグローバルな金利の調整が続いている。米 国債に比べても円債は値が重く、10年債入札に対するヘッジもあるだろ う」と話した。もっとも、重要イベントを控える中、一日だけの動きで は判断しづらい面もあるとの見方も示している。

東京先物市場で中心限月9月物は、前日比11銭高の144円18銭で開 始し、直後に144円21銭まで上昇した。しかし、その後は水準を切り下 げ、日経平均株価が一段高となると売りが増えて、午後2時40分過ぎに は143円97銭まで下落し、節目の144円を割り込み、日中ベースで9日以 来の安値を記録。結局は6銭安の144円01銭で引けた。

●ユーロは早朝水準付近に値戻す、1.22ドル後半-欧米イベント見極め

東京外国為替市場ではユーロ・ドル相場が1ユーロ=1.22ドル後半 を中心に推移した。堅調なアジア株を背景にリスク回避圧力が和らぐ 中、ユーロはオーストラリア・ドルにつれ高となる場面も見られたが、 米連邦公開市場委員会(FOMC )や欧州中央銀行(ECB)の定例 理事会を前に、一方向の動きにはなりにくく、ユーロは「行って来い」 の展開となった。

午後4時13分現在のユーロ・ドルは1.2264ドル前後。一時は1.2290 ドルまでユーロが買われたが、その動きも続かず、午後には早朝の水準 付近まで値を戻した。

SMBC日興証券の野地慎為替ストラテジストは、市場ではECB などによる債務危機対応への期待が高まっているが、欧州周縁国の国債 購入はある程度織り込まれているため、「サプライズにはならない」と 予想。「資産買い入れのような話が出れば、ユーロ買いのポジティブサ プライズ。一方、マイナス金利導入ならユーロ売りのネガティブサプラ イズだが、通貨の信認を重んじるECBが確信犯的にそのようなイレギ ュラーな政策はとらないだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE