中国、イラン原油輸入を継続-米欧の禁輸措置に非協力

7月に中国に向かっているイラン産 原油のタンカーは少なくとも計2000万バレル積載可能で、中国の輸入継 続が禁輸措置を導入した米欧にとって課題の一つであることが浮き彫り になっている。

ブルームバーグがまとめたIHSのデータによると、テヘランを本 拠とするNITC管理下の超大型原油タンカー少なくとも10隻が今月、 中国の港湾に向かっている。各船の積載能力は約200万バレル。30日現 在、6隻が中国を目指している。今月3日には4隻が目指していた。ブ ルームバーグが4月にNITCの船団追跡を開始して以来、月間の船舶 数としては最大。

欧州連合(EU)は7月1日からイラン原油の禁輸を実施してい る。禁輸前は世界のタンカーの約95%がEU法に従っている会社の保険 を受けていた。税関当局のデータによると、中国の昨年のイラン原油輸 入量は月間約1700万バレル。

原題:China Keeps Buying Iran’s Oil as U.S. and EU Intensify Sanctions(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE