英バークレイズ:商品オプション取引担当ディレクターが退社

英銀バークレイズの商品オプション 取引担当ディレクター、オラ・ローゼングレン氏が同行を退社した。同 ポストの在籍期間は2年に満たなかった。事情に詳しい関係者2人が明 らかにした。

事情が非公開だとして関係者らが匿名を条件に明らかにしたところ によると、ローゼングレン氏は6月30日付で退社。関係者1人が語った ところによれば、同氏は2010年11月にバンク・オブ・アメリカ (BOA)メリルリンチからバークレイズに入社。BOAメリルリンチ では商品オプション取引のディレクターを務めていた。

英バークレイズ・キャピタルの商品部門世界責任者、ロジャー・ジ ョーンズ氏は5月に退職し、商品取引会社マーキュリア・エナジー・ト レーディングに移籍。バークレイズの商品アナリスト、アムリタ・セン 氏も先週、同行を辞めた。いずれも事情に詳しい関係者らの話で明らか になっていた。

原題:Barclays’s Rosengren Said to Leave Trading Unit After 19 Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE