ヘッジファンドの商品買い越し、7週連続で増加-09年以来

ヘッジファンドによる商品相場上昇 を見込む買い越しが過去3年間で最長の増加を示した。各国が景気刺激 策を強化するとの観測を背景に7月の月間ベースの相場上昇率は昨年10 月以降で最大となる可能性が高まっている。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、資産運用会 社による米国の商品18銘柄の先物とオプションの買い越しは24日終了週 に3.4%増の117万枚となった。買い越しは7週連続で増加しており2009 年6月以降で最長。トウモロコシ相場の上昇を見込む投資は11年9月以 来の高水準となり、天然ガスのトレーダーは06年10月以降で最も強気な 姿勢を示している。

商品相場は24日までの1週間に0.4%下落したにもかかわらず、投 資家は買い越しを増やした。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が26 日、欧州存続のために必要なあらゆる措置を取ると表明したことから、 その後3日間に相場は1.8%反発した。米政府が27日発表した4-6月 (第2四半期)の実質国内総生産(GDP)は伸び率が低下し、米連邦 準備制度理事会(FRB)に対して景気支援策強化を求める圧力が強ま っている。

メリルリンチ・ウェルス・マネジメントで欧州・中東・アフリカ担 当の最高投資責任者(CIO)を務めるビル・オニール氏は「特に工業 用金属やエネルギーなどの商品に下押し圧力を加えてきたこれらの問題 の一部は、マイナス面が強調され過ぎている可能性が高い」と指摘。 「ファンダメンタルな面での支援材料は緩和策だ」と述べた。

原題:Hedge Funds Add Wagers in Longest Streak Since 2009: Commodities(抜粋)

--取材協力:Millie Munshi.