ギリシャ連立与党、2年間の予算案と長期戦略の協議を継続へ

ギリシャのサマラス首相と連立を組 む2党党首は30日、2年間で115億ユーロ(約1兆1000億円)の歳出削 減を盛り込む予算パッケージの詳細を決めるというより、長期的な戦略 について協議した。

民主左派のクベリス党首はアテネで会談後、「ギリシャの約束に対 処する戦略的計画を議論した」と述べ、「われわれは特別な問題を目の 当たりにしているが、さらなる重荷には耐えられないギリシャ社会にも 直面している」と指摘。両方の議題について協議を継続することを明ら かにした。

サマラス首相と連立パートナーのクベリス民主左派党首、全ギリシ ャ社会主義運動(PASOK)のベニゼロス党首は、欧州連合(EU) と国際通貨基金(IMF)による総額2400億ユーロの2回のギリシャ支 援からの資金を確保するために2013-14年の財政緊縮策を取りまとめね ばならない。

ベニゼロス党首は記者団に対し、「予算パッケージはギリシャの公 的債務の持続可能性を確保する3つの要因のうちの1つだ」と述べ、 「残る2つも同等に重要だ。1つは安定した経済成長率の実現で、もう 1つは債務の額面価格の維持だ」と語った。

原題:Greek Talks on Two-Year Budget, Longer-Term Strategy to Continue(抜粋)

--取材協力:Maria Petrakis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE