NY金:4日続伸、FOMCやECBの追加緩和措置に期待

ニューヨーク金先物相場は続伸し、 過去6週間で最長の4営業日連続高となった。米連邦公開市場委員会 (FOMC)と欧州中央銀行(ECB)が成長促進策を強化するとの観 測が強まった。

FOMCは31日と8月1日に、ECBは翌8月2日にそれぞれ政策 決定会合を開く。今週はイングランド銀行(BOE)も政策委員会を開 催する。金は2008年12月末から11年6月にかけて70%急伸した。 FOMCが政策金利を過去最低に維持し、2度にわたる量的緩和プログ ラムで総額2兆3000億ドル相当の債券を購入したことが背景にある。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「今週のFOMCやECB による追加措置を期待する向きもある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比0.1%高の1オンス=1624ドルで終了した。

原題:Gold Gains for Fourth Straight Day on Global Stimulus Outlook(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE