7月30日の欧州マーケットサマリー:株が3日続伸、対策期待で

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2261   1.2322
ドル/円             78.23    78.46
ユーロ/円           95.92    96.67


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  263.94     +4.13    +1.6%
英FT100     5,693.63   +66.42    +1.2%
独DAX      6,774.06   +84.66    +1.3%
仏CAC40    3,320.71   +40.52    +1.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .08%        -.05
独国債10年物     1.38%       -.02
英国債10年物     1.54%       +.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,617.75     -.50     -.03%
原油 北海ブレント        106.03      -.44     -.41%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇し、4月以来の高値となった。欧州中央銀行 (ECB)が債務危機収束へ向けた措置に支持を取りつけるとの期待が 背景。

フランス・オランダ系航空会社、エールフランス・KLMグループ は19%急伸。4-6月(第2四半期)の赤字が前年同期から減少したこ とが手掛かり。ロシアの鉄鋼会社エブラズとイタリアの自動車メーカ ー、フィアットを中心に資源株と自動車株も買われた。仏広告会社、 JCデコーは6.9%下げた。1-6月(上期)利益が13%減少したこと が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前週末比1.6%高の263.94で終了。3日間 の上昇率は5.4%と、昨年11月以降で最大の上げとなった。先月4日に 付けた年初来安値からは13%上げている。

チャールズ・スタンレーのマターリー部門(ロンドン)のファンド マネジャー、ジョージ・ゴドバー氏(ロンドン在勤)はブルームバーグ テレビジョンとのインタビューで、「こうした状況は以前にもあった。 実際に行動するかを見極める必要があり、これが実際のところ重要だ。 大きく前進する必要はないが、ロードマップの指針となるものでなけれ ばならない」と続けた。

中央銀行当局者2人が27日に匿名を条件に語ったところによると、 ドラギ総裁の提案には、欧州の救済基金による発行市場での国債購入が 含まれており、過去最低の政策金利の確実な浸透を目的とするECBの 流通市場での国債購入によってこれを側面支援する。

30日の西欧市場では、アイスランドを除く主要国で株価指数が上昇 した。

原題:European Stocks Advance as Policy Makers Pledge Support on Euro(抜粋)

◎欧州債券市場

30日の欧州債市場ではスペイン国債が4営業日続伸。借り入れ コストの上昇抑制と債務危機緩和に向けて、ユーロ圏当局が周辺国国 債の購入を再開するとの期待が背景。

7月のユーロ圏景況感指数が市場予想以上に低下したことから安 全を求める動きが広がり、ドイツ2年債利回りは過去最低を更新した。 イタリア国債は下落。同国はこの日の入札で54億8000万ユーロ 相当の証券を発行した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、 ユーロ防衛のためあらゆる措置を取ると表明。8月2日の政策決定会 合を控え、同総裁はスペインとイタリアの借り入れコスト引き下げを 目指した計画への各国の政府・中銀からの合意取り付けに取り組んで いる。

コメルツ銀行の債券戦略責任者、クリストファー・リーガー氏 (フランクフルト在勤)は、債務危機収束に向けた「ある種の協調行 動への期待がスペインとイタリア国債の原動力となっている」と指摘。 「こうした期待が失望に変わるリスクは高い。週内にすべての具体策 を得られない可能性があり、相場の不安定な状態は恐く続くだろう」 と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前週末比 13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の6.61%。 先週は52bp下げていた。同国債(表面利率5.85%、2022年1 月償還)価格はこの日、0.86上げ94.69。25日には7.751%ま で上げ、ユーロ導入後の最高を記録した。

イタリアは入札で2015-22年償還の国債54億8000万ユー ロ相当を発行。発行額は目標上限の55億ユーロにほぼ一致した。 10年債の平均落札利回りは5.96%と6月28日の前回入札時の

6.19%を下回った。5年債の利回りは5.29%(6月は5.84%) だった。

既発10年債の利回りは7bp上昇し6.03%。25日には

6.71%と、1月16日以来の高水準に達した。

ドイツ2年債利回りは5bp低下のマイナス0.08%。一時はブ ルームバーグがデータを取り始めた1990年以降で最低となるマイ ナス0.096%に低下した。17営業日連続でマイナス圏にとどまっ ている。

英国債

英国債相場は3営業日続落。10年債利回りは前週末比1bp上 昇の1.54%。23日には1.407%まで下げ、これまでの最低とな った。同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格はこの日、

0.08下げ121.84。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の過去1年のリターンは16%。こ れに対し、ドイツ国債は11%、米国債は9%となっている。

原題:Spanish Bonds Advance on Speculation ECB to Resume Bond Buying(抜粋) Pound Falls Versus Dollar on Concern U.K. Recession Is Deepening (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE