欧州銀行株が急伸、4日間で年初来最大-バンキア7%高

30日の欧州株式市場では銀行株が急 上昇している。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が債務危機収束へ 向けた措置に支持を取りつけるとの期待が背景。このまま終了すれば、 4日間の上げとしては年初来最大となる。

仏銀3位のクレディ・アグリコルは最大6.3%高。スペインのバン キア・グループが一時7%上昇したほか、イタリア銀大手のウニクレデ ィトやインテーザ・サンパオロも5%超の上げとなった。ストックス欧 州600指数の銀行株指数はここ4日間で10%高と、昨年12月以来の大幅 な上昇。

ケプラー・キャピタル・マーケッツのアナリスト、ブノア・ペトラ ルク氏は「先週から不安が和らぎ上昇が続いている。ドラギ総裁を中心 に欧州がスペインとイタリアの国債利回り上昇の抑制に取り組むとの期 待が背景にある」と指摘。「スペインとイタリアをめぐるリスクを懸念 して銀行は両国へのエクスポージャーを圧縮しており、ECBは緊急性 を感じている」と述べた。

ドラギ総裁は先週、ユーロを守るためあらゆる措置を取ると表明。 ドイツやフランス、イタリア政府の支持を得た。中央銀行当局者2人 が27日、匿名を条件に語ったところによると、総裁の提案には、欧州の 救済基金による発行市場での国債購入が含まれており、過去最低の政策 金利の確実な浸透を目的とするECBの流通市場での国債購入によって これを側面支援する。

ドラギ総裁はフランクフルトで30日、ガイトナー米財務長官と協議 するほか、ECBによる国債購入に反対姿勢をとっているバイトマン独 連銀総裁の説得を試みている。

原題:European Bank Shares Post Biggest Four-Day Gain of the Year(抜粋)