英財務相に労働党などが緊縮策見直し迫る-3番底の見通しで

英国のオズボーン財務相は、企業や 野党から、同国の財政緊縮策の見直しを求められた。緊縮策により同国 がリセッション(景気後退)の「3番底」に直面し得るとエコノミスト が警告していることが背景。

英紙サンデータイムズは、ユーロ圏危機に加え、ギリシャがユーロ を離脱した場合、来年の春にも英国はリセッションに再度陥る可能性が あるとエコノミストが懸念していると報じた。野党・労働党で影の財務 相を務めるエド・ボールズ氏は、財務相の政策が景気回復を「妨げてい る」と述べ、あらためて同相を批判した。

先週発表の4-6月(第2四半期)の英国内総生産(GDP)統計 がリセッションの深刻化を示し、同財務相の能力や経済計画に対する疑 念が強まったことから、同相は新たな批判に直面している。第2四半期 の英GDP速報値は前期比0.7%減と、3四半期連続でマイナスとなっ た。

原題:Osborne Urged to Think Again as Triple-Dip Recession Predicted(抜粋)