バークレイズに投資銀行縮小求める圧力、株主が書簡-タイムズ

英銀バークレイズのロバート・ダ イアモンド前最高経営責任者(CEO)がロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)スキャンダルで辞任したのを契機として、投資銀行業務 の規模を縮小し、報酬も減らすよう有力株主の一部が同行に圧力をかけ ている。29日付の英日曜紙サンデー・タイムズが報じた。

同紙によれば、バークレイズに出資する機関投資家の一つであるシ ュローダーズは、退任が決まっている同行のマーカス・アギウス会長に 書簡を送り、戦略変更の「またとないチャンス」を逃さないよう求め た。さらに10大株主の間からはコストの15%削減を要求する声も出てい る。株主の具体名は明らかにしていない。

また、バークレイズがアジアと欧州の株式などの分野から撤退する 可能性に投資家らは言及しているという。バークレイズの広報担当ジャ イルズ・クルート氏は電話取材に対し、コメントを控えている。

原題:Barclays Investors Ask Agius to Shrink Bank, Sunday Times Says(抜粋)