米ソリンドラ、事業再編計画を裁判所に提出-昨年に破産申請

昨年に破産申請した米太陽光パネル メーカー、ソリンドラは、米連邦破産裁判所に事業再編計画を提出し た。同社は、米エネルギー省から5億3500万ドル(約420億円)の融資 保証を受けている。

ソリンドラがデラウェア州ウィルミントンの連邦破産裁判所に27日 提出した資料によると、計画は一部の管理費を負担した債権者などが全 額の支払いを受けるほか、同社資産をソリンドラ・レジデュアル・トラ ストに移管する内容となっている。

ソリンドラは同資料で、「今回の計画は連邦破産法11条に基づく手 続きが迅速に完了する方法で、ソリンドラ側の負債再編と資産分配を公 正かつ効率的に実施するものだ」と説明した。

同社は2011年9月、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用 を申請。その数日後に、不正会計の疑いで米連邦捜査局(FBI)の家 宅捜索を受けた。

原題:Solyndra Files Bankruptcy Reorganization Plan in Delaware (1)(抜粋)

--取材協力:Peter Blumberg.