7月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが週間で上昇-独仏の防衛宣言を好感 (1)

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対して週間ベース で今月初の値上がりとなった。ドイツのメルケル首相とフランスのオラ ンド大統領は27日、欧州単一通貨ユーロを守るために必要な「あらゆる 措置」を取ると表明した。

この日の市場では、ドルが円に対して上昇。4-6月(第2四半 期)の米経済は成長ペースが鈍化したものの、エコノミスト予想は上回 り、連邦公開市場委員会(FOMC)が来週の会合で追加緩和を決定す るとの見方が後退した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は同中銀 による債券購入をめぐりドイツ連銀のバイトマン総裁と協議すると、 ECB当局者2人が明らかにした。メキシコ・ペソとニュージーランド (NZ)ドルは値上がりしている。

UBSのシニア通貨ストラテジスト(米コネティカット州スタンフ ォード在勤)、シャハブ・ジャリヌース氏は電話インタビューで、「ユ ーロをめぐる市場の不安を短期的に解消させるような材料が出れば、ユ ーロは上昇する」と述べた。

ユーロは対ドルで今週1.4%上昇となった。週間ベースでは2月以 来の大幅高。この日の市場ではニューヨーク時間午後5時現在、0.3% 高の1ユーロ=1.2322ドル。一時0.9%高の1.2390ドルと、6日以来の 高値を付けた。引けにかけて、ユーロ防衛に向けた追加措置の影響で通 貨価値が押し下げられるとの見方が台頭してきた。

ドルは対円で今週はほぼ変わらず。この日は0.3%高の78円46銭だ った。ユーロは対円で今週1.3%の値上がり。この日は0.6%高の1ユー ロ=96円67銭。

値上がり率最大はペソ

メキシコ・ペソは主要通貨中で最大の値上がり。米経済成長率が市 場予想を上回ったことで、最大の貿易相手国である米国への輸出が増え るとの楽観が広がった。ペソは対ドルで1.3%高の1ドル=13.2393ペ ソ。

NZドルは上昇。リスク選好が高まったほか、ECBの追加措置観 測で株式・商品相場が値上がりしたことが背景にある。米株式市場では S&P500種株価指数が1.9%高。商品のS&P・GSCIスポット指数 は1%上昇した。

NZドルは1%高の1NZドル=0.8097米ドル。一時1.1%高 の0.8106米ドルとなった。

「深刻な影響」

ユーロが引けにかけて伸び悩んだことについて、トロント・ドミニ オン銀行のチーフ通貨ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、 「大規模な追加債券購入という方法を取った場合、ECBのバランスシ ートに非常に深刻な影響が及ぶという見方が市場に広がった」と指摘。 「当初はリスクオンやドルに対するネガティブな見方からユーロは上昇 したのかもしれない。だが最終的には、より長期的な視点からくる懸念 が再び重しになる可能性がある」と続けた。

この日はメルケル独首相とオランド仏大統領が、両国にはユーロ圏 を完全な状態に保つ強い義務があると表明。これを受けてユーロは上昇 した。

ECBのドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一連の措置を導入す るため、ドイツ連銀のバイトマン総裁と近く協議する。ECB当局者2 人が明らかにした。

当局者によると、ドラギ総裁の提案には欧州救済基金による発行市 場での国債購入が含まれており、ECBによる流通市場での購入と合わ せ、過去最低の政策金利を確実に浸透させる狙いがある。また当局者の 1人によると、ECBの一段の政策金利引き下げや銀行向けの長期貸付 も議論される見通し。

原題:Euro Gains Versus Dollar for First Week Since June Amid Pledges(抜粋)

◎米国株:ダウが1万3000ドル台、ECBの国債購入に期待

27日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が続伸、1万3000 ドル台に乗せた。欧州中央銀行(ECB)が借り入れコスト引き下げ とユーロ防衛のために国債を購入するとの観測が広がった。

アルミ生産のアルコアや建機メーカーのキャタピラーなどの大型株 が上昇。製薬のメルクやバイオテクノロジー最大手アムジェンを中心に ヘルスケア関連株も値上がりした。オンライン旅行会社エクスペディア も高い。増配が買い手掛かりとなった。一方、フェイスブックは決算内 容が嫌気され上場来最安値で取引を終えた。

米証券取引所全体の騰落比率は約9対2。S&P500種株価指数 は1.9%上昇して1385.97。ダウ工業株30種平均は187.73ドル(1.5%) 上げて13075.66ドルだった。

フィデュシャリー・トラスト(ボストン)の投資責任者、マイケ ル・マレーニー氏は「ECBは国債を買うに違いない」と述べた上で、 「ユーロ圏に安定を取り戻すためなら資金を出すべきだ、といった表現 が多く聞かれる。ECBが準備している通りの行動を起こすとすれば、 極めて重大なことだ」と続けた。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一 連の措置を導入するためドイツ連銀のバイトマン総裁と近く協議する。 ECB当局者2人が明らかにした。また、前日のドラギ総裁と同じく、 メルケル独首相とオランド仏大統領がこの日、ユーロを守る決意を表明 した。

政策が必要

今年第2四半期(4-6月)の米経済成長率は伸びが減速した。雇 用市場の低迷を背景に消費者は支出を切り詰めている。また7月の米消 費者マインド指数は今年の最低水準に落ち込んだ。

フェデレーテッド・インベスターズのチーフ株式ストラテジスト、 フィリップ・オーランド氏(ニューヨーク在勤)は、「成長の減速が著 しい」と述べ、「この下降トレンドを反転させる何かが必要だが、その 何かとは政策だ」と続けた。

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は2.7%上昇。アルコアは3.2%高、キャタピラーは3.4%値上がりし た。

S&P500種業種別10指数のうち、ヘルスケア関連株が2.5%高と最 も高い伸びを示した。

メルクは4.1%高。4-6月(第2四半期)決算は、利益がアナリ スト予想を上回った。糖尿病治療薬の販売の伸びが寄与した。主力のぜ んそく治療薬「シングレア」は、今年8月に投入されるジェネリック (後発医薬品)との競争に直面する。

フェイスブック

アムジェンも高い。 4-6月期利益はアナリスト予想を上回っ た。同社は2012年通期の見通しを上方修正した。

エクスペディアは20%急伸。4-6月期はホテル需要が好調だっ た。同社は配当を44%引き上げて1株当たり13セントにする。

一方、フェイスブックは12%下落して23.71ドル。マーク・ザッカ ーバーグ最高経営責任者(CEO)ら経営陣は5月17日の新規株式公開 (IPO)後初めてアナリスト向けの電話会議を開いたが、今後の業績 の伸びに関する見通しは示さず、同社株は割高だと受け止める投資家を 安心させるような内容は話さなかった。

原題:Dow Climbs Above 13,000 Amid Expectations ECB Will Buy Bonds(抜粋)

◎米国債:3日続落、欧州の危機対策観測で逃避需要が減退

米国債相場は3日続落。10年債利回りは過去4カ月で最大の上昇 となった。欧州の政府や中央銀行が域内の債務危機収束へ向けた措置を 講じるとの観測が広がり、安全資産とされる米国債の需要が減退した。

10年債利回りは3週間ぶりの高水準に上げた。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁が新たな救済措置導入へ向けドイツ連銀のバイ トマン総裁と協議するとの報道が手掛かり。独仏首脳がユーロを守るた めに必要な「あらゆる措置」を取ると表明したことも米国債の売りにつ ながった。米商務省が27日発表した第2四半期の実質国内総生産 (GDP)速報値は市場予想を上回った。連邦公開市場委員会( FOMC)は来週31日から2日間にわたり会合を開く。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの米金利戦略責任者、マイケル・ クロハティ氏(ニューヨーク在勤)は「欧州の政策当局が対策をまとめ るとの楽観的な見方がやや強まり、リスク回避の買いに一服感が出てい る」と指摘。「経済統計も多くが恐れていたほど弱くはなかった」と付 け加えた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後3時18分現在、10年債利回りは前日比12ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の1.55%。一時は前日比15bp上げ、3月14日以 来の大幅上昇となった。同年債(表面利率1.75%、2022年5月償還)価 格は1 2/32下落して101 25/32となっている。利回りは25日に1.379%と 過去最低を記録していた。

インターディーラー・ブローカー最大手ICAPによると、午後2 時1分現在で米国債の売買高は2677億ドルに達し、6月29日以来の大商 いとなった。年初来の平均は2401億ドル。

「不安を募らせる」

ECBのドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一連の措置を導入す るため、バイトマン独連銀総裁と近く協議する。ECB当局者2人が明 らかにした。

BNPパリバの金利ストラテジスト、サブラト・プラカシュ氏(ニ ューヨーク在勤)は中銀当局者が協議することに対し、中長期債を保有 する投資家は「当然不安を募らせる」ものだと指摘した。

この日発表された第2四半期の米GDP(季節調整済み、年率)速 報値は前期比1.5%増だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミストの予想中央値は1.4%増。第1四半期は年次改定により前回 発表の1.9%増から2%増に上方修正された。

ウンダーリッヒ・セキュリティーズのマネジングディレクター兼米 国債トレーディング責任者、マイケル・フランゼーズ氏(ニューヨーク 在勤)は「市場はアルマゲドン(壊滅的事態)に突入しようとしてい た」と述べた。

世界の中銀

この日は朝方から売りが先行した。主要国の中央銀行がそれぞれ会 合を控えており、世界的に景気底上げを図る措置が強化されるとの観測 が広がった。ECBの政策委員会とイングランド銀行(英中央銀行)の 金融政策委員会(MPC)が来週開催されるほか、日銀も8月9日に会 合を開く。

2年債は週間ベースで6月以来で初めての下落。ドイツのメルケル 首相とフランスのオランド大統領は27日、両国はユーロ圏を維持すると いう強い義務を共有しているとの認識を示し、安全資産を求める動きが 弱まった。

さらに両国は、6月28、29両日の欧州連合(EU)首脳会議での決 定を「迅速に」実行に移すことを目指すと表明した。

RBCのクロハティ氏は、「依然として欧州をめぐる大きな懸念が 残されており、利回りはさほど高水準に上昇することはないだろう。国 内でもまだ景気減速が顕著だ」と指摘。そのうえで、9月のFOMCで 新たな資産購入計画が発表されるとの予想を示した。

原題:Treasuries Fall as Speculation Europe to Act Crimps Haven Demand(抜粋)

◎NY金:続伸、5週間ぶり高値-米欧中銀の追加措置に期待

ニューヨーク金先物相場は続伸。米国と欧州の中央銀行が景気て こ入れに向けた措置を強化するとの観測が強まったことから、5週間 ぶりの高値となった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一 連の措置を導入するため、ドイツ連銀のバイトマン総裁と近く協議す る。ECB当局者2人が明らかにした。同総裁は前日、ユーロ存続のた めにはいかなる措置も辞さないと表明していた。米商務省が発表した第 2四半期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前 期比1.5%増加と、前四半期の2%増から伸びが減速した。

米ロジック・アドバイザーズのパートナー、ウィリアム・オニール 氏は電話インタビューで、「ECBはユーロ防衛に向け全力を尽くして いるようだ」と指摘。「何らかの緩和措置に対する期待がまだ残ってい るため、米GDPの数字も一定の支えになっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.2%高の1オンス=1622.70ドルで終了。一時は1633.30 ドルと、中心限月としては6月19日以来の高値をつけた。週間で は2.5%高と、6月1日終了週以来の大幅上昇。

原題:Gold Advances to Five-Week High on U.S., Europe Stimulus Bets(抜粋)

◎NY原油:4日続伸、米欧中銀の緩和観測強まる-90.13ドル

ニューヨーク原油先物相場は4日続伸。成長促進と債務危機の波 及に歯止めをかける目的で、欧州と米国の中央銀行が緩和措置を講じ るとの観測が強まったことから、買いが優勢になった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、債券購入を含む新たな一 連の措置を導入するため、ドイツ連銀のバイトマン総裁と近く協議す る。ECBおよび米連邦公開市場委員会(FOMC)の当局者は来週、 それぞれ政策会合を開く。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の アナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「ECBと FOMCが何らかの行動を起こすとの期待が相場を支えており、そのた め原油は90ドル台に持ち直している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比74セント(0.83%)高の1バレル=90.13ドルで終了。週間では1.4% の値下がり。

原題:Oil Rises for Fourth Day on Speculation of Central Bank Stimulus(抜粋)

◎欧州株:続伸、独仏首脳がユーロ防衛を宣言-米GDPも好感

27日の欧州株式相場は続伸。ドイツのメルケル首相とフランスのオ ランド大統領がユーロ防衛のためにあらゆる措置を取ると表明したこと を好感した。また4-6月(第2四半期)の米経済成長率が予想を上回 ったことや、予想以上の決算も追い風となった。

仏石油最大手のトタルと、資産総額で英2位の銀行、バークレイズ 銀行が買われた。高級ブランド「グッチ」などを傘下に置くPPRは決 算要因で6.6%上昇。欧州最大の航空宇宙・防衛関連企業EADS は5.7%上げた。1-6月(上期)決算は89%の増益となった。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の259.81で終了。一時 は0.3%下げた。前週末比では0.6%上げ、2006年1月以来の最長となる 8週連続高となった。

ウェラーショフ・アンド・パートナーズ(チューリヒ)のヨアキ ム・クレメント最高財務責任者(CFO)は「欧州企業の業績はここ数 四半期は弱かったものの、ゆっくりと持ち直すとわれわれは楽観してい る」と発言。「業績に加え、中央銀行の追加措置も期待されている。短 期的に不透明感が弱まりつつあるほか、向こう数週間で株価が上昇する 兆候がみられる」とも述べた。

27日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価指数が 上昇した。

原題:European Stocks Rise After Merkel, Hollande Comments, U.S. GDP(抜粋)

◎欧州債:スペインとイタリア債上昇-ECBが債券購入との観測

27日の欧州債市場で、スペインとイタリアの国債は3日続伸。ユ ーロ圏当局が債務危機緩和に向けて債券購入に動くとの観測が浮上し た。

イタリア10年債利回りは1週間ぶりに6%を下回った。欧州中央 銀行(ECB)がスペインとイタリアの債券を流通市場で購入する準 備を進めていると、フランス紙ルモンドが報じたことが手掛かり。ド イツ国債は下落。ショイブレ独財務相はこの日、ユーロ存続のために 必要なあらゆる措置を取るとしたドラギECB総裁の前日の発言を歓 迎すると表明。メルケル独首相とオランド仏大統領もユーロを守る決 意をこの日表明した。

ダンスケ銀行のアナリスト、アンダース・モーラールムホルツ氏 (コペンハーゲン在勤)は「ドラギ総裁は前日の発言を実行で裏付け る必要がある。市場は債券購入を意味するとみている」と発言。「E CBの対応が依然として期待されている」とし、これがスペインとイ タリアの債券利回りを押し下げていると語った。

ロンドン時間午後4時39分現在、スペイン10年債利回りは前日 比18ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し6.74%。 25日には7.751%に達し、ユーロ導入以後の最高を記録した。同国債 (表面利率5.85%、2022年1月償還)価格はこの日、1.2上げ

93.825。

イタリア10年債利回りは9bp下げ5.96%と、20日以来で初 めて6%を割り込んだ。

ドイツ10年債利回りは7bp上昇の1.39%。一時は5日以来の 高水準となる1.41%に達した。前週末比では23p上昇。2年債利回 りは2bp上げマイナス0.029%。

原題:Spanish, Italian Bonds Rise on Speculation ECB to Purchase Debt(抜粋)

◎英国債:続落、欧州が危機対策を強化との観測-安全需要が後退

27日の英国債相場は続落。欧州がソブリン債危機対策を強化する との観測を背景に、比較的安全とされる英国債の需要が減退した。

英国債はドイツ国債とともに軟調となった。メルケル独首相とフ ランスのオランド大統領はユーロ圏を維持するためにあらゆる措置を 取ると表明。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は前日、スペイン とイタリアの国債利回りを引き下げるために、ECBによる両国債の 購入を再開する可能性を示唆した。

スコシアバンク・ヨーロッパのエコノミスト、アラン・クラーク 氏(ロンドン在勤)は「リスクオンの大きな動きがある。それに伴い ドイツ国債と英国債の利回りは上昇した」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.54%。23日には過去最低 となる1.407%まで下げていた。同国債(表面利率4%、2022年3 月償還)価格はこの日、0.57下げ121.92。利回りは前週末比では5 bp上昇した。

また、4-6月(第2四半期)の米経済成長率が予想を上回った ことも、英国債の下げ要因となった。

原題:Gilts Fall 2nd Day on Europe Outlook; Pound Weakens Versus Euro(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE