英国債:続落、欧州が危機対策を強化との観測

27日の英国債相場は続落。欧州がソ ブリン債危機対策を強化するとの観測を背景に、比較的安全とされる英 国債の需要が減退した。

英国債はドイツ国債とともに軟調となった。メルケル独首相とフラ ンスのオランド大統領はユーロ圏を維持するためにあらゆる措置を取る と表明。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は前日、スペインとイタ リアの国債利回りを引き下げるために、ECBによる両国債の購入を再 開する可能性を示唆した。

スコシアバンク・ヨーロッパのエコノミスト、アラン・クラーク氏 (ロンドン在勤)は「リスクオンの大きな動きがある。それに伴いドイ ツ国債と英国債の利回りは上昇した」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.54%。23日には過去最低とな る1.407%まで下げていた。同国債(表面利率4%、2022年3月償還) 価格はこの日、0.57下げ121.92。利回りは前週末比では5bp上昇し た。

また、4-6月(第2四半期)の米経済成長率が予想を上回ったこ とも、英国債の下げ要因となった。

原題:Gilts Fall 2nd Day on Europe Outlook; Pound Weakens Versus Euro(抜粋)