欧州は国債購入でECBと共闘か、独仏首脳もユーロ防衛決意

欧州はスペインとイタリアの資金調 達コストを押し下げるため、新たな国債購入を開始する公算がある。ド イツのメルケル首相とフランスのオランド大統領は27日、ユーロを守る ために「あらゆる措置」を取ると表明した。

両首脳は電話会議後の共同声明で、独仏両国は17カ国から成るユー ロ圏を守る「強い義務」を共有しているとの認識を示した。6月28、29 両日の欧州連合(EU)首脳会議での決議を「迅速に」実行することを 呼び掛けた。

両首脳は、ユーロ圏が崩壊に向かっているとの市場観測の打ち消し を図っている。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も前日にユーロを 守る決意を表明、それを疑う投資家に対し警告していた。

ECBは向こう数週内に流通市場で国債を購入する計画を準備して いると、仏紙ルモンドがこの日報じた。その後は、各国政府が資金を出 す救済基金が発行市場で購入する計画だという。

バークレイズのチーフエコノミスト、ジュリアン・キャロー氏(ロ ンドン在勤)は「ECBは市場が間違っていることを知らしめるため、 大規模な買いに出ると思う」と述べた。その上で、「中銀そのものが市 場になってしまう」ほどの購入規模にはならないだろうと付け加えた。

ドラギ総裁の発言や報道を受けてECBの行動への期待が高まり、 スペイン債は上昇している。ただ、ドイツ連邦銀行(中銀)の報道官は この日、ECBによる国債購入は金融政策と財政政策の境界をあいまい にすると説明。ECBの購入が債務危機解決のための最善方法とはなら ないだろうと強調し、ドラギ総裁のユーロ防衛策にブレーキをかけた。

スペインでは銀行危機に加えて地方政府の財政難によって、全面的 な国家救済が必要となる事態への懸念が高まっている。ギリシャのユー ロ離脱懸念も再燃しているが、国債を購入しようにも恒久的な救済基金 はドイツで合憲性が問われ稼働が遅れている。

このため選択肢としては、暫定的な救済基金の欧州金融安定ファシ リティー(EFSF)が国債を購入することが想定される。独財務省の コーテ報道官はこの日の記者会見で、EFSFには国債を購入する権限 があると述べた。

原題:Europe May Buy Bonds as Merkel, Hollande Commit to Defend Euro(抜粋)

--取材協力:Jana Randow、Gabi Thesing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE